かいた汗をきちんとケアしておくことで臭いを抑えられる

コンプレックス相談室

ガッツポーズする女性

汗を制して匂いを制しましょう

すそわきがの原因となる汗ですが、これは人が生きている以上全く汗をかかないということはできません。よって、汗をかかない方法ではなくかいた汗をどうするかを考えることが重要となります。人は、汗を24時間常にかき、一見かいていないように見えても湿度が高い場所ではしっとりと汗をかいているのです。特に下着部分は湿度が高くなるため、24時間常に汗の対策をしなければすそわきがの匂いが発生しやすくなってしまいます。朝、昼、晩、そして就寝前など、汗のケアをする方法は時間帯によっても若干異なります。

一日の汗対策

朝起きたら汗を流そう

朝起きたら、まずはシャワーで汗を流しましょう。この時、すそわきが対策用の石鹸で股間を念入りに洗うと匂いが目立たなくなります。また、シャワーを浴びすぎると体温が上がり、汗をかきやすくなってしまうので素早く洗い、素早く出るのが有効です。朝シャワーをあびることで目覚ましにもなります。注意点としては、時間的に余裕を持って起きられるようにしましょう。朝、大慌てだと余裕を持って汗を洗い流すことができなくなるからです。

昼時は汗をかきやすい時期

昼間は非常に汗をかきやすい時間帯であり、なかなか汗のケアができないタイミングでもあります。よって、少々ケアが難しいです。基本的には休憩時間などを利用してトイレで汗を拭い、制汗スプレーなどでニオイ対策をすることになります。また、ミョウバンスプレーはすそわきが対策に置いて非常に高い効果を発揮する他コストパフォーマンスが最高に良いのでいざという時に準備しておきましょう。他にもハッカ油スプレーを使えば清涼感がえられるので夏場に有効です。

仕事帰りに寄り道するとき

夜、誰かに誘われて寄り道することも考えられます。そんな時は、出発前に昼と同じくトイレに篭り股間部分の汗のケアをしましょう。他にもワキガが気になるのであれば脇部分の汗のケアも併せて行なえば問題ありません。もし、お酒を飲むのであれば飲み過ぎには気をつけましょう。アルコールを摂取することによって体温が上昇し、汗をかきやすくなるからです。他にも暴飲暴食も同じくすそわきがを悪化させる原因にもなるため、節度を保って夜を楽しみましょう。

就寝前のケアも大事

一日の終わりにもお風呂でしっかりと汗を流し、股間部分を念入りに洗うことですそわきが対策になります。他にも、睡眠時間を多めに取り、ぐっすりと眠れるというのも実はすそわきが対策になります。人の体は寝不足だとストレスが溜まりやすくなり、ストレスが原因で人は悪臭が発生しやすい体質になることもあります。そのため、できるだけ早めにぐっすりと眠り、ストレスのない生活を送りましょう。ぐっすり眠ることで朝早く目覚めることができ、余裕を持って体を洗うことができます。

24時間の対策も忘れずに

これは朝昼夜関係なく、24時間常に注意しておきたいことなのですが、住んでいる環境の改善もすそわきが対策につながります。湿度が高い場合は除湿を行ない部屋の湿度を抑えたり、窓を開けて空気の入れ替えをしたりと様々な手段で湿度や部屋の中の気温を毎日忘れずに管理しましょう。特にパソコン周りは稼働していると気づかぬ内に気温が上がっているので気をつけましょう。職場では、こまめに汗を拭うなどすれば気温が高い場所でも匂い消しができます。

匂いの原因である汗対策

汗の問題と解決策

汗を拭く女性

人は必ず汗をかく生き物です。汗をかかなければ体温調節もできませんし、体の老廃物の排出量も減ってしまいます。このことから解るように、汗をかくのは生きる上では非常に重要なことなのです。しかし、その汗が原因で悪臭が発生してしまいます。逆に言えば、汗さえどうにかすればすそわきがの匂いの殆どを防ぐことができるというわけです。汗をかかないというのは、実質不可能です。人はねている間にもコップ一杯分の汗をかく生き物であり、食事や移動だけでもじっとりと汗をかいてしまいます。よって、汗をかかない方法を考えるのではなく、かいた汗をどうやってケアすればいいのかということを考えましょう。朝起きた時の汗はどうすればいいか、昼の忙しいときにはどうすればいいか、誰かと一緒に寄り道する時はどうすればいいかなど、24時間常に汗のケアとコントロールをすれば、すそわきがによる悪臭をどうにか抑えることができ、バレずに過ごすことができるのです。